足のむくまま、気の向くまま、そんな旅行をしてみたい

普通列車に乗って、のんびりと信州へ

中央本線の普通列車に乗ってのんびりと旅してみたい。行先は一切気に留めません。夕方になったら、宿泊場所を探します。「1回の旅に使うお金の額を30万円ぐらいに決めて、なくなったら帰る」そんな期限なしの旅をします。旅先では極力多弁でありたい。乗り合わせた隣の人に話しかけては、世間話に花をさかせます。南アルプスの山々を眺めながらの普通列車の旅、夜は温泉地などで下車し、おいしい日本酒に舌鼓を打つのもよし。下車した先で、徒歩で観光するのも悪くない。そんな日はいいものをたくさん見て、たくさん写真を撮り、たくさん汗をかき1日を終えたいものです。

自家用車に乗って、東北へ自由な旅へ

自家用車に乗って、東北を旅してみたい。行先は一切事前にはきめないし、期限もありません。運転しながらドライブインに入っては決めていきます。後悔や悔やむことは一切しない。「たとえ辛いことになろうとも、それがこの車旅行の醍醐味」と心得ます。宿が取れずに車の中で寝泊まりをするというハプニングもこあることでしょう。1回のたびに使うお金を30万円ほどに決め、使い切ったら帰ることにします。車の場合、道すがら温泉に入ったり、おいしいものを食べたり、観光地を散策したりと自由気ままな旅ができます。でも宿だけは夕方になったらきっちりととるようにしましょう。その方が疲れません。東北はいろんな温泉がたくさんあります。情報はスマートファン1つで充分です。